フランチャイズチェーンが市民権を得る

フランチャイズならイーコネクション
キープリスト
1965年、アメリカ・マクドナルド社の株式上場を節目に、伝統的な名門企業がひしめく食品加工・外食産業のなかに、初めてファーストフード業種が市民権を得る事になったようです。

ただし、順調な業界発展を遂げてきたわけではなく、むしろ直営型チェーンストア分野よりも欺瞞と模倣、告訴・訴訟事件が多発し、ある面で浄化、秩序確立のための闘いの歴史であるといえる。