仕入れ・購買力の強化ともたざる経営

フランチャイズならイーコネクション
キープリスト

仕入れ面や情報化投資などの面で有利に働く


フランチャイズ加盟店が増加することによって、仕入れ面でのバイイング・パワー(大きな販売力を背景とした大きな購買力や仕入れ力のこと)が強まります。

持たざる経営で、環境変化に対応しやすい


直営で多店舗を展開する場合、収益の全てを本部にもたらせますが、消費者のニーズの変化であったり、競争の激化による影響をもろに真正面から受ける事になります。

それに対してフランチャイズの方式を取った場合、フランチャイズ本部は、他人の資本で多店舗経営のノウハウを内部にストックしているいう形になりますので、

その時その時の、環境の変化に応じて、新たな高収益モデルの業態を開発して、新しい業態の方に経営の軸をシフトしていく事もできます。

フランチャイズは、まさに「もたざる経営のビジネスモデル」であるともいえるのではないでしょうか。