他人資本を活用

フランチャイズならイーコネクション
キープリスト

多店舗展開するために他人資本を活用


フランチャイズビジネスは、フランチャイズ本部がノウハウを提供して、フランチャイズ加盟店は、店舗経営のための資金や人材を確保して、フランチャイズ本部の事業に参画することで成立という形になります。

フランチャイズの本部は、他人の資本を活用する事で、資本力が弱い企業であっても、急速な多店舗展開が可能になります。

直営店を展開する事に比べたら、本部の収益は、フランチャイズ展開を行う方が収益は少なくなる事は否めません。

しかし、他人資本を活用する事によって、事業展開のスピードが確保されますし、知名度や立地条件などの面でも、競合している他社に対して優位な立場をとることが可能になります。

優位な立場を取る事になれば、業界での地位を確固たるものにする事ができますし、そのことによってフランチャイズ本部もフランチャイズ加盟店も安定的な収益を得る事ができる源になります。

優位な立場を保ち続けるためにフランチャイズ本部は、継続的なノウハウの開発やフランチャイズ加盟店指導に対しての人員や経費を必要とするようになります。

大きくなった後ならいいのですが、フランチャイズ加盟店数の少ない時期には、コストが収益を圧迫するケースもあるので、本部はフランチャイズを進める当初が一番注意が必要になります。