フランチャイズチェーンが意識する、アフターオーダーへの変化

フランチャイズならイーコネクション
キープリスト
注文を受けてから一つ一つ作っていく方式の事をアフターオーダーといいます。

ファーストフードと呼ばれる業態では、あらかじめ商品を作り置きしておく事が多いようです。
ファーストフードとは、注文がきて、すばやく商品を提供しなければならないので、注文を受けてから商品を出すまでの時間をできるだけ短縮するために考案されたのが、作り置きしておくという方法です。
ただ、作り置きしておくという事は、出来立てに比べると味の点では、どうしても劣ってしまう事になります。
これは外食産業にとってはどうしても避けられない悩ましい問題になっています。

できるだけお客様にはおいしいものを良い状態で提供したい、でも、あまり待たせるわけにはいかない・・・。
どの位までなら、待たせることができるのだろうか・・・。
人によって違うし、注文数によっても違うし、天候によっても、混み具合によっても・・・など、答えを出すのは難しいと思いませんか?
日頃からギリギリの選択が迫られています。

でも、時間がかかってもおいしいものが食べたいからアフターオーダーの店に行くという人が、アフターオーダーの店へ行く最大の理由ではないでしょうか。

すぐに食べたい、直ぐに持ち帰りたいとおもったら、そういった類のファーストフードにいきますよね。
最近では、今までファーストフードだったフランチャイズの店舗でも、以前は作り置きでしたが、最近は呼び方こそ違いますが、注文を受けてから作るという方式にシフトチェンジしています。