フランチャイズ版足抜け

フランチャイズならイーコネクション
キープリスト
余りきれいな言葉とはいえませんが、フランチャイズの世界でも、足抜けという言葉は時として使われます。

フランチャイズに加盟した加盟店は、一度始めたことなので本当は長くずっと続けていきたいですが、加盟店側にもつごうがあるので、途中でやめたくなる事だってあるでしょう。
正直な所、思ったよりも利益が上がらず、逆に、赤字が続くなんて事も少なくありません。

フランチャイズ本部としては、やめられてしまう事はあまり良いことではありません。
加盟金は頂いたものの、大事なノウハウを教えて、時間をかけて経営指導をしてきた加盟店にやめられる事は、正直、痛手をこうむります。
まぁ、そういった所にはロイヤリティを一定期間少なくするとか、なくすとかの救済措置を採ったりできればいいのでしょうが、特例を作ったりすると収拾がつかなくなるかもしれないのでできないのでしょうが・・・。

このようなケースで、多くの契約書には途中解約するような場合の加盟店との取り決めが記されています。
その多くが違約金という形で支払わなければなりません。
これが、いわゆる足抜け防止策といわれます。
その金額を払ってでも、やめたい何かがあったという会社は、何かしら問題があるといえるのではないでしょうか。

足抜けするのも楽じゃないので、独立開業してフランチャイズを行う場合は、解約時のこともしっかり調べておきましょう。