アメリカはフランチャイズ先進国

フランチャイズならイーコネクション
キープリスト
今ではどこにでもあるといっても過言ではない、コンビニエンスストアやファーストフードなどの日本のフランチャイズビジネスの多くはアメリカで生まれて、日本にやってきたものです。
アメリカのフランチャイズの歴史は約100年にもなります。
最初は物販、ミシン、自動車、コカコーラや、その当時アメリカで生まれた工業製品を全米に広めようと、また、その先にある全世界に販売するために編み出された方法といっても過言ではありません。
その後、日本でも有名なチェーンが続々と日本に上陸して店舗数と伸ばしています。
フランチャイズの有名なところといえば、「セブンイレブン」、「マクドナルド」、「ドミノピザ」、「センチュリー21」等があります。

ただ、生活習慣の違いや、見込み違いなどから市場を伸ばす事ができずに、撤退していったチェーンもかなりの数があります。
フランチャイズ先進国のアメリカには、現在でも3000〜5000のフランチャイズチェーンが存在しており、数もさることながら、そのグローバル性が備わっていることから、アメリカがフランチャイズ先進国を呼ばれるゆえんなのではないでしょうか。

アメリカのフランチャイズの市場規模は、日本の国家予算に匹敵するほど、巨大化しています。