テリトリー制

フランチャイズならイーコネクション
キープリスト
フランチャイズ事業の拡大には加盟店の数の増加というものは欠かせないものになります。
フランチャイズ本部にとって加盟店に対するノウハウ提供や商材供給は当然の義務であり、それと同時に加盟店の安定的な事業継続のために、また、無作為な出店は同チェーン同士による競合を生じさせることから商圏(販売地域など)を保証しますが、この制度がテリトリー制という事になります。
テリトリーの設定方法には行政区分の利用や交通機関の駅を基準とする方法があります。

テリトリー制と言っても、「クローズドテリトリー」と「オープンテリトリー」という二種類あります。
クローズドテリトリーはテリトリーの中に加盟店を1社しか設置しないことになり、オープンテリトリーは排他的テリトリーとも表され複数店を設置することを指しています。
どうしても無作為に出店をさせると競合するという問題がでてきてしまうので、オープンテリトリーの場合、 本部はひとつの商圏内での同チェーンによる競合を避けるようにしてテリトリーを設定していくということになります。
しかし、クローズドテリトリーでも商圏が非常にせまいといった場合もあるので本部にどのくらいの範囲かを確認する必要があります。

こうして比べてみると、加盟店の安定経営にとっては、クローズドテリトリーの方が安心感があるような印象がありますが、フランチャイズではある程度の競争原理が働いたほうが、フランチャイズとして成功するというケースが大きいと言われています。
業種によっても、どちらの方が適しているかということもありますし、オーナーによっても、そのどちらの方が経営を伸ばせるかといった差も生まれているという事もあります。