FLコスト

フランチャイズならイーコネクション
キープリスト
フランチャイズの外食産業における原料、労務のコストの合計になります。

Fはfood(食材)の事で、LはLabor(人件費)をあらわしています。

つまりFLコストとは売上高全体に対する食材費と人件費を足したものの割合のことをさします。

飲食業、外食産業などには重要なマネージメントの一つと考えられており、一般的に標準的なFLコストは55%〜60%位といわれています。

食材のコストは、廃棄ロスを削減する事や、適正な量での提供を心がける事でコントロールできますし、人件費は、お客様の混み具合や、その時間帯に応じた適切なシフトを組む事によってコントロールする事もできます。

フランチャイズ本部から食材を仕入れる場合には、本部の調達能力や納品業などとの交渉力、自社生産などによっても異なります。

食材を調達する上で、フランチャイズのメリットは、加盟店舗が増えれば、スケールメリットが発生するので、食材のコストが下がる可能性がるという事があります。