ABC分析

フランチャイズならイーコネクション
キープリスト
ABC分析はパレート分析とも、重点分析とも呼ばれます。

フランチャイズの店舗運営のケースでは、どの商品が売れて、どの商品が売れないのかという販売商品の分析を数値的にはじき出す手法となります。


取り扱い商品が多い、または、メニュー品目が多い、飲食業界、流通業界などで広く利用されています。

売れ筋の商品の一層の拡販、逆に衰退商品を見切って、不良在庫を抱えこまないようにする事も目的にあります。

売上の80%は売れ筋商品といわれる20%の商品群からなりたっているという事は原則となっています。


つまり、重点的にこの20%の商品群を管理しようとする考えから導きだされたのがABC分析という事なのです。