エリアフランチャイザー

フランチャイズならイーコネクション
キープリスト
フランチャイズ展開する時は、最終的には本部は全国展開を目指して、加盟店を募集するのではないのでしょうか。
本社一部だけで展開していくには出店するスピードに限界があるため、あるエリアやある特定の地域ににおいては、フランチャイズ契約を結ぶための交渉権利、独占的な加盟募集を認める企業の事をエリアフランチャイザーと呼んでいます。

エリアフランチャイザーを導入するメリットは、本部の手の届かない地域への出店、出店可能エリアの拡大、店舗開発や商品開発などそのエリアに即した事業展開が可能となる、出店スピードの上昇などが考えられます。

逆にデメリットは、本部が直接契約するわけではないのでロイヤリティ収入等の増加はなく、総店舗数は多いが本部の収入はそれほど伸びない、エリアフランチャイザーの店舗開発や運営指導に依存する形になる(地域本部との加盟契約を結ぶ)ため、慎重な選定が必要になるという事とコントロールが難しくなるとがあります。
地域本部が倒産してしまうと、本部が存続しているのに契約が切れる恐れがあり、不安定な状態にあるという事があります。