のれん分け

フランチャイズならイーコネクション
キープリスト
他人に自分と同じ屋号・店名、商標で出店、経営することを許可し、円満な形で独立することを認める制度の事になります。
古くは、奉公人や家人が、長く勤めて十分な経験を積み、屋号を名乗るのにふさわしい実力を持つようになってから、同じ屋号の店を出店させる(ちゃんと許可して出店させる)ことをいいました。

現在では、労務政策の一環として用いられていて、独立社員制度と呼ばれることが多いようで、独立する際の条件、処遇などは各企業によって様々となっています。
フランチャイズ本部企業の場合には、独立しようとする社員に有利な条件でフランチャイズ契約を結び、援助・独立させるケースが多いようです。

のれん分けの特徴は、一般的なフランチャイズシステムとは異なり、オーナーが主となって店作りをすすめていく事ができるので、加盟店でありながら、独立店のような存在として大きな利益を生み出すことも可能なシステムとなっています。