違約金

フランチャイズならイーコネクション
キープリスト
通常、加盟契約書には違約金の項目がちゃんと設けられています。
内容はそれぞれ職種や、本部などの方針により異なりますが、違約金を払わなくてはならないのは、契約年数が残っているにもかかわらず、営業を途中で中止する場合などがそのケースにあたります。
他にも、債務不履行や不法行為があった場合にはフランチャイズ本部から損害賠償の請求をうける事もあります。

また、注意しなければならないのは、業績不振で閉店せざるを得ない場合で閉店の理由が本部側にあった場合です。
この場合は、支払いに抵抗があるのは当然ですが、もし、加盟契約書「いかなる理由が生じても途中解約するには本部に違約金を支払うこと」と書かれていれば、拒絶することは出来ないので、加盟の際には契約書をよく読み、違約金についても納得した上で加盟の検討を行ってください。