看板方式/カンバン方式

フランチャイズならイーコネクション
キープリスト
トヨタ自動車の考案した生産方式になります。
簡単にいうと、生産側は使用する部品と数量を記したカンバンとよばれる作業指示票を部品供給側に送り、部品供給側は必要な数量の部品を生産して提供する方式のことになります。
この事によって、商品の在庫を最小限にする事ができるので、経費を節約する事と同時に、製品の単価を下げる事ができる、また、それを目的とした方式になります。
ジャストインタイム生産方式とも言われます。
このケースで行われる生産方式の弱点は、部品供給側に不測の事故などがあって部品の供給が止まると、生産ライン全体が止まることになるという事があげられます。