アフターオーダー

フランチャイズならイーコネクション
キープリスト
注文を受けた時点から商品を作り始める方法をアフターオーダーといい、飲食店、主にファーストフード店で用いられています。

店の回転率を上げるためには飲食物の作り置きをするのが一番で、すばやくお客様に商品を提供しなければならないとファーストフードでは考えられていました。

ただし、できたてのものに比べると、作り置きしてあった物では、比べてみると味の点では時間が経っているので味が落ちてしまうという難点がありました。
お客様を待たせるわけにはいかないが、おいしい状態で食べてもらいたいというどても悩ましい問題があります。


このアフターオーダーの形式でもっとも有名といってもいい、モスバーガーは創業から取り入れており、ファーストフード店という分野に属しながら、一貫して、この方法を行っています。

できたてをすぐに提供できるので顧客は満足し、リピーターの増加にも繋がっているという判断によるものだと考えられます。
その為アフターオーダー形式を取り入れている飲食店は年々増えています。

マクドナルドでも、以前は作り置きでしたが、最近は「メイド・フォー・ユー」という呼び方で、注文を受けてから作るという方式になっているという事です。

もちろん、販売のチャンスを逃しているというチャンスロスの可能性も否めませんが、アフターオーダーだと、商品のロスもなくなるので、どちらのロスの方が採算が合うのかという問題も出てきますが、その点は顧客のニーズにもよるのではないでしょうか。