KKD

フランチャイズならイーコネクション
キープリスト
KKDとは、日本語の「勘、経験、度胸」をアルファベットで書いたと時の頭文字を並べたものの事です。

もともとは会社運営に必要な三要素的な意味で使われていたようです。

長年の経験、すなわち過去の事例を主な基準として判断を行うっており、経験に基づく判断は、多くの場合、ある程度はうまく処理できますが、人により判断にばらつきが生じる事は否めないので、未経験の事例には上手く対処でいるとは限らないので、根本的な原因を見落としたりして組織にとってマイナスの影響を与えてしまうという弊害も懸念されています。

最近では、データが収集できていない、活用できていない企業を揶揄するような意味に使われていることもあるようです。

フランチャイズ本部には、KKD的な本部と、アンチKKD的な本部とに分かれているようですが、どちらも良い点と悪い点があるようです。