エリアフランチャイザー

フランチャイズならイーコネクション
キープリスト
フランチャイズ本部は全国で加盟店を募集するのが通常の出来事になります。
但し、本部1社だけでフランチャイズ展開をしてれば、新しく出店をするスピードに限界があるために、ある国やエリアなどの一定の地域については地域本部を設置して、そのエリアにおいてはその地域本部に、フランチャイズ契約を結ぶための独占的な交渉権利を与えて加盟店募集を認めるケースがあります。
この交渉権利を与えられて加盟店募集を認められた企業がエリアフランチャイザーになります。

エリアフランチャイザーの仕組みを導入するメリットとしては、その地域の事を把握している地元の企業がエリアフランチャイズザーになると、店舗開発や商品開発などで、そのエリアに合った事業が展開できることや、本部の手の届きにくいエリアに、スピーディーに出店が可能になり、また、エリアの拡大にも繋がるという事などが挙げられます。

逆に、デメリットとしては、本部が直接契約を結ぶわけではないので、加盟金収入やロイヤリティ収入などの増加がなく、本部の収入が伸びない事や、エリアフランチャイザーの店舗開発や運営指導に依存する形となるため、加盟店のコントロールに難しさが生じるなどがあり、よりエリアフランチャイザーの選定に慎重にならざるをえないなどが挙げられます。

地域本部の倒産などがあると、本部は存続しているにも関わらず、契約が切れるといった恐れがあり、不安定な状態を招くことも考えられます。